死の舞踏の元ネタ

いまさらですが「死の舞踏」を1ランクにしました。

死の舞踏

なぜなら、枕投げイベントで敵を倒すのにいいよってフレの人に言われたからw

初日Fランクだったのですが、ほんとに上げてよかったです!

逆に倒しすぎてしまうので、人がいるチャンネルでは使わないようにしていますw



さて今日はちょっとブログの趣向を変えまして、歴史のお話し。(実は専門ナノデス

この「死の舞踏」 実はちゃんとした元ネタがあるのはご存知でしょうか!

時は14世紀 ヨーロッパ

当時、イギリスとフランスの国境を決めた百年戦争の真っ只中

さらに悪いことに、巷ではペストが大流行し、死者はヨーロッパ人口の半分とも言われた。

こんな絶望的な状況下では、どんなに偉い貴族であろうが、皇帝であろうが、死んでしまえば何の意味もない

そうおもった人々は死を恐れ半狂乱で踊り続けました。

これが「死の舞踏」と言われるもので、当時の詩や版画などに残っています。

だいたいは「死」が擬人化され「骸骨」が描かれていていたります。


そして、どんな祈りも通じないと絶望した人は、教会でいずれ訪れる死に備えよと説かれました。


これが「メメント・モリ」(死を想え)です。


思えば、マビノギの「メメント」と一緒に実装されたスキルが「死の舞踏」でしたね!



この、メメント・モリ

とても考えさせられるお話です。

人はいつか死にます。(迫真!)

それは50年かもしれないし、明日かもしれません。

もし、自分が明日死んでしまうとしたら、これから何をしますか?

なにをしたかったですか?



これを考えてみましょう、というのが「メメント・モリ」(死に備えよ)です。



もし私の余命がもしわずかだとしたら、


残った時間は、家族といる時間を大切にしたいですね。


今日はそんなことを思いながら


必死で死の舞踏トレをしていました。(家族と過ごせよw

スポンサーサイト

FC2 Blog Ranking

ランキングぽっちっと押してくれると喜びます(つω`*)

Comments 0

Leave a reply

About this site
まびのぎの日記
About me
     
才能:弓術

年齢:11歳

身長:134cm

体重:40kg

嫌いな事:自己紹介 以上。